© 2019 Created by Clean Language Japan

講師略歴

 

ケイトリン・ウォーカー(Caitlin Walker)

 

 クリーン・ランゲージにシステム思考やNLPのモデリング技法を取り入れた、組織開発技法の「システミック・モデリング」の創始者。クリーン・ランゲージの創始者である故ディヴィッド・グローブに晩年まで共にいた直弟子​でもある。

 

 メタファーとクリーンな問いを使っての、「皆の多様性が尊重され、学びあう創発的な組織づくり」に注力。

正式の教育コースから脱落したティーン・エイジャーの支援、IT企業におけるMetaphor@workの開発、ニート支援事業、大学におけるコーチング&メンタリングの教育プログラム、警察官の取り調べ技法のトレーニング、企業管理職や教員のチーム意識改革プログラム、キャメロン元首相のチームビルディングなど、企業・公的セクターにおいて、幅広く世界各国でプロジェクトやワークショップを行っている

著書

 

 

 

 

 

From Contempt to Curiosity: 〜  Creating the conditions for groups to collaborate using Clean Language and Systemic Modelling
 

 この著書では、システミック・モデリングを開発していく10年ほどの軌跡を、教育現場、ビジネス、公的機関などのプロジェクトを通じての具体例を通じて描いている。イギリスの教育現場(荒廃した小・中学校から大学教育まで含む)、企業、ビジネス、公的機関でのダイバーシティー支援、失業者支援など、非常に多岐に渡ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリアン・ウェイ (Marian Way)                                        

 クリーン・ランゲージの心理ファシリテーション技法「シンボリック・モデリング」のグローバル基準での認定資格についてアセスメントをできる立場にある指導者。オックスフォード大学で学位を取得した元数学教師としてのバックグラウンドから来る、トレーニングの明晰さ・論理的な組み立て、そして生徒一人一人の個性を尊重したトレーニング法には非常に定評がある。

 創始者であるデイヴィッド・グローブの天才的なワークを、より幅広いバックグラウンドの人々が学べるように、シンプルな形でマニュアル・テキストを作成したことにより、世界中への普及に大きな役割を担っている。また「クリーン・スペース」という空間を使ったファシリテーション技法を、より独自の方法で探求・発展させている。

 

著書

 

Clean Approaches for Coaches: 〜 How to create the conditions for change using Clean Language and Symbolic Modeling
 

 メタファーと「クリーンな問い」を使った個人の深層心理のファシリテーション技法である「シンボリック・モデリング」のマニュアル本(日本語での翻訳出版予定)

 

 

Insight in Space: How to use Clean Space to solve problems

 シンボリックモデリングの創始者である心理博士でありNLPのトップトレーナーでもある、ジェームス・ローリーとの共著。空間を「クリーンな問い」を使ってナビゲートしながら、クライアントの自らの課題の答えを見出していく「クリーン・スペース」という技法についての、個人・組織ファシリテーションのためのマニュアル